トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

祝!生後3か月、ケージから戻るトイレトレーニングを強化

 

我が家にやってきて約2週間のプーさん、生後3か月になりました。飛び跳ねまくりなのがやや気になりますが、元気いっぱいなのは何より。

 

戻らせるための救世主が必要か…

そんなプーさんのトイレトレーニング。ケージ内ではバッチリになりつつあり、今の課題は「ケージ外にいるときにケージに戻ってトイレをする」です。

現在我が家では、ケージの外側にさらにペットフェンスでサークルを作り、プーさんの遊び場を制限中。遊びスペースは1.5帖くらいでしょうか? このケージ外で遊んでいるときに、ケージ内のトイレに戻りオシッコをするというのをマスターしてくれることが、室内フリーへの道第一歩なわけですが、これがなかなか難しい…。

 

あまりに漏らされてしまったのと、存在に気付いたプーさんがかじり出したことから、遊びスペースの床に敷き詰めていたパズルマットを撤去。もっと防水性の高そうなクッションフロアを調達し、敷物変更。これまでのミスにより染みついていると思われる臭いを撤去し、心機一転仕切り直し。

ちょっと面倒だな…と、長時間付き合うのを避けてきた外に出した時のトイレトレーニングも気合を入れて付き合うことに。

 

遊び場にプーさんを出し、遊んでいる最中に床の匂いを嗅ぎ出したら食べ物で誘導してケージの中へ。ケージの出入り口を閉じて出られなくし、オシッコするまで待つ。オシッコが出たら褒めてあげ、出入り口を開けてあげて再度遊び場解放。

こうして「トイレに行かせてオシッコをさせ、すかさず褒める」というのを繰り返すことで、犬が自分でトイレに行くようになりますと、しつけの本で見たのでそれを実行。

意外とトイレが近く、「また??」というタイミングでも床をクンクンしだすプーさんの横にスタンバイし、トイレ誘導、オシッコさせる、褒めるに成功すること数回。ケージに入れられたらトイレでオシッコすると褒められるな…ということは、理解してきているような気がします。

 

が、ケージ外で楽しく遊ぶという誘惑に対し、オシッコ成功でもらえるご褒美の魅力が薄いようで、餌で誘導してもケージに入るのをためらう姿も見られるように…。お昼ご飯をもらった後など、あまりお腹が空いてないときは特に顕著。

今のところご褒美としてあげているのは、ご飯と同じドッグフードなので、昼ごはんとしてある程度の量を貰った後はそりゃーそーなるよね…。

 

しかし誘導によるトイレのトレーニングには、犬が自らケージに出入りすることが必要なわけで。。。なんとなく覚えてきている兆しが見えている今、ここで一気に畳みかけたい! ということで、犬のおやつを買ってみようかな…と目論み中。

 

3か月になったことで、3か月~というオヤツも対象年齢となったプーさん。子犬のうちはしつけ用のオヤツもドッグフードでいいやと思っていたけれど、オヤツとしての魅力が失われていてはしかたない…。

子犬によさそうなオヤツを調達せねばです。

~生後3か月初日~