トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

試行錯誤で逆に混乱? 難航するトイレ問題

 

寝床となるクレートではトイレをしない!という鉄則は守り抜く。ケージ内ではトイレ8割、間に合わず2割。

といった具合で、そこそこちゃんとトイレはできるものの、室内フリーへの道第一歩として開放している遊びスペースにいるときは、トイレに戻れない状態に進歩がないまま今に至るプーさん。

 

トイレ外出し作戦を展開 

数日前、2度だけ自力で戻ってトイレに成功したものの、その後は自分でトイレへ戻ることはなし。オシッコっぽい仕草を見せた時にケージへ誘導して扉を閉めることで、なんとかトイレで成功させる状態が続く。

ケージ内への誘導は、目下大好物のボーロちゃんがなければ到底無理だし、せっかく遊んでいるのに閉じ込められる…と言わんばかりに、入るのを警戒しているのが見え見えという始末。なんとかならないものか…。

 

ということで、ケージに入ったら閉じ込められる(トイレするまでですが)=遊べない、と思うからトイレを嫌がるのでは?と思い立ち、トイレをケージの外に移動。遊び場にいるプーさんがトイレに行きたくなったときに臭いを嗅ぎまわるコースの上に配置し、閉じ込められずにササっとトイレにいける環境を提供。

これは一瞬功を奏し、遊び場でのトイレ利用に2度ほど成功したものの、その後継続せず。「こちらの広い方でもトイレOKになったんですね!」と言わんばかりに、むしろ躊躇せずどこでもオシッコするようになった気が…(-_-;)

ボーロがあればとりあえずトイレに入れることはできるケージ内に対し、自由に動き回れるだけに、誘導しようにも打つ手なし…。

 

ということで、再度トイレをケージに…で、振り出しに戻る。トイレの位置を動かしたことで、むしろより分かりにくくしたかも??という後退状態_| ̄|○

まだ子犬だし、トイレが近いのも、遊びに夢中になっておもらしもしかたない…と長い目で見なければ…と思いつつ、自由スペースを早く増やしてあげたいと焦る気持ちもあり…。

犬のトイレトレ、人間のトイレトレより強敵かもしれないです(^_^;)

~生後3か月前半~