トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

憧れのリーダーウォーキングを目指して、さらばハーネス…

 

自宅回りで、他のワンコのいない場所なら散歩が解禁されて数日。元気系の子犬らしく外が大好き。まだまだ狭い範囲ながら、散歩を楽しみにしている様子のプーさん。

なんですが、好きに動きたいようで、あっちに行ったり、ダッシュしたり、臭いをかぎまくりで止まったりで、まったくもってまっすぐ歩けません(-_-;)

散歩の練習をしなければ…と思いつつ、ちょっと引っ張ってもいうことを聞かないし、楽しそうにやっているのを邪魔するのも可哀相だし…となかなか捗らず…。

庭の探検で車の下に入るネコのような犬

f:id:toypoo-fan:20180223140035j:plain

 

これではダメだ!ということで、普通の道や公園に出る前になんとかしようと心を改めて、練習に取り組もうと決意。

まずは勝手な方に行かないように、リードがピンと張れてしまったら飼い主は止まって動かないというのを実行予定。さらに勝手に止まった時は、一度リードを緩めてからピシっと引っ張り歩くように指示を出すというのもやってみます。

そのためには首輪の方が良いようなので、せっかく買ったハーネスの出番が早くも終わりそうな予感…。

 

しつけには首輪の方がよいと知っていたけれど、お散歩したい=行儀よくせねば散歩は短縮…と、もっと早く理解してくれるかなと淡い期待を抱いて買ったハーネス。巨大化が激しいプーさんなので、散歩テクが身に着く頃にはキツクなっているに違いない。活躍期間がほとんどないという幻のアイテムになる予感でいっぱいです…。

いきなりお利巧に歩くのは、散歩にウカレル子犬には無理な相談でしたよね…ということで、気持ちも新たにがんばってみようと思います。

~生後3か月後半~