トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

祝!4か月、記念すべき初の敗北も?

 

本日、めでたく生後4か月を迎えたプーさん。

我が家にやってきてからは1ヶ月半ほどが経過。家族や自分の住処にもすっかり慣れたようで、日々ノビノビと元気にやってます。

 

うちに来てからできるようになった主なこと

  • ドライフードをそのまま食べられるようになった
  • 遊び場に出していてもトイレに戻れるようになった(失敗もありますが(^_^;)
  • 外を散歩できるようになった(庭と家の前限定)
  • おすわり、マテ、ハウスはだいぶ上達

こうして挙げると意外に少ない…(^_^;)

とはいえ、初めて来た日のあどけなさ全開の子犬から、ずいぶんしっかりした犬になってきたと思います。

落ち武者ヘアスタイルのせいで、オモチャを噛む顔もなんだか迫力が増してますし…

f:id:toypoo-fan:20180302132143j:plain

 

しっぽが上向き天パ疑惑を払拭

怖い物知らずで、ぬいぐるみ風の見かけに反した強メンタルぶりを発揮、何かに向かって本気で吠えたことは今までなかったプーさん。

少し大きくなって、物事がわかるようになったら威嚇して吠えたりもするのかな?とノンキに思っていたところ、生後3カ月のラストを飾る昨日、「ワンワンワン!!!」と犬らしく吠える姿を初めて目撃。

さらにいつもピンと上向き、エビフライのように反り返っているプーさんのしっぽが下に向いているのも初めて見ました(@_@)

 

「怯えているときなどにしっぽが下を向く」と飼い方本などでは見ていたものの、ビシーっと常に上を向くプーさんのしっぽ。手で少し押してみても下にいかないし、座ってる時しか下にいかないのかな?とか、天パ的に上向きの癖がついたしっぽなのかも?とか思ってましたが、普通に下向きにもできるしっぽだった模様。

しっぽを下に丸め、「ワンワンワン!!」と懸命に吠える姿は、見えない敵に怯えつつ、「こっちにくるなー!」と抵抗する姿そのもの。

 

彼をそれほど恐れさせたのは、ゴミ収集車(ペットボトル用)です(-_-;)

日中は暖かいからと、遊びスペースの窓を全開にして日向ぼっこをさせていたところやってきたゴミ収集車。車ごときでビビる彼ではないのですが、近所の家から大量に収集したらしいペットボトルを潰す「バリバリバリバリーーー!!」という爆音が突然に(@_@)

我が家の前の道でバリバリやっていたようで、窓を開けていたせいもあり、人間も驚くほどの大音量。ビビりまくった仔犬が、しっぽ下向き姿を披露するのも仕方がないレベル。

 

いつも強気なプーさんなので、昔読んだマンガに出てきたような漢気ワンコなのか?とよぎったこともありましたが、一般的な子犬だったようです(当たり前…)

ちなみにこちらが漢気ワンコ銀。生後数か月の子犬時代からクマと戦ってます…

 

ゴミ収集車のバリバリ攻撃のせいですっかり弱気になってしまったようで、その後は鳥の声にもビクッとするプーさん。気の毒なので窓を閉めてお昼寝させてあげたところ、起床後は元通り元気いっぱいになって一安心。

とはいえ、どんなものも興味津々で受け入れられるという社会化の黄金期も残すところ僅かとなってきただけに、彼なりの警戒心も生まれてきたのかも? 

元気が持ち味のプーさんなので、少し寂しい気もするけれど、これも成長ですね。

~生後4か月~