トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

フードの変更開始、違いの分かる犬

 

お腹の空きすぎか、朝食が進まない日に胃液っぽい黄色水を吐いたことのあるプーさん。

去勢手術で病院に行ったついでに獣医さんに話してみると、術前の検診では元気そのものなこと、空腹のタイミングなこと、固形ではない黄色い水を吐いていること、吐いた直後から元気なこと、頻度がたまになことから、やはり「お腹が空きすぎて胃液を吐いているんでしょう」とのこと。

体格も十分だし、犬には珍しくないことなので、たまにならそんなに心配することはないとのことで一安心。

 

なんですが、吐いている姿はやはり可哀相だし、朝ご飯をちゃんと食べて、お腹が空きすぎないようになってほしい!

そこでかねてから検討していたフードの変更に着手してみることに。朝ご飯を食べないときでも、オヤツならガツガツ食べるので、ここ数か月食べているフードに飽きているんじゃないの?という気がしていて、フードを変えることで気分も変わるかも?という作戦です。

 

見た目は同じでも匂いが違うらしい

プーさんがここ数か月食べているのは、ニュートロのナチュラルチョイス子犬用(チキン&玄米)。変更後のフードもは同じくニュートロのシュプレモ子犬用なので、餌の見た目はほぼ同じ。

シュプレモの方が若干こげ茶かな?という気がする程度で、粒の大きさ、形はかなり似てます。お皿の中で混ぜてしまえば、パッと見ただけでは見分けはつきません。

見た目の目新しさに欠けるので、「餌が変わって気分一新」とはならないかな…と思いきや、犬的には匂いがぜんぜん違うようで。ナチュラルチョイスだけのときは、お皿を置くと匂いは嗅ぐものの食べずに離れる…ということも多かった朝食で、匂いを嗅いだとたんガブガブ食べてます。

変更初日は、ナチュラルチョイス9割、シュプレモは1割程度と、元の餌の割合がかなり多かったにも関わらず、明らかな反応の違い。飽きていたのか、口に合わないのか、やはりナチュラルチョイスに魅力を感じなくなっていた模様…。

 

お皿に入れて混ぜてしまえば見分けが付かないようで、しばらくはどちらの粒もバクバクと一緒に食べていたプーさんですが、食事中に床に散らばった粒を最後に拾っている時は、一つ一つ匂いを嗅ぎ、食べるものと食べないものを選んでいる様子。

クンクンと確認し、嬉しそうにパクっと食べる粒と、プイっと置き去りにする粒があからさまだったので、残した粒がナチュラルチョイス、食べた粒がシュプレモなんだと思われます(-_-;)

 

フード変更2日目の今日は、シュプレモを2.5割ほどに増量してみたところ、朝からモリモリご飯を食べるプーさん。床に散らばった粒の選り好みも引き続きやってますが、皿からこぼれなかった分はちゃんと完食。

起床後すぐに朝食を食べてくれると、2時間ほど食休みをしてもまだ涼しいうちに散歩に出発も可能。昨日・今日と暑いので、8時代に散歩に出られたのはなかなか快適でした。
数か月あげ続けるとまた飽きるのかもしれませんが、しばらくはこの調子でシュプレモにがんばってもらおうと思います。

~生後6か月前半~