トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

自宅トリミングに初挑戦、そして惨敗…

 

なんか臭い?ということで、休日を利用して自宅で洗われることとなったプーさん。

前回のトリミングから1ヶ月が経ち、そろそろトリミング時期でもあるわけですが、自宅でシャンプーもすることだし、自宅でのトリミング(毛刈り?)に挑戦してみようと思い立つ。

ここ最近とても暑いし、モジャモジャとしたボディ部分を全体的に短くできれば、若干でも涼しいのでは…ということで、少し前に夫が買ってきたトリミングセットのバリカンで、購入者の夫自らいざカット。

 

安いわりには切れ味抜群

娘の持つチーズに夢中になっている隙に、背中部分をそっと撫でるようにバリカンを当ててみるとかなりスムーズにスーッと刈れている。ものすごい安価で買ったというバリカンなのでさほど期待していなかったんですが、意外にも切れ味抜群。

犬がジッとしていれば、そこそこちゃんとできそう!と思ったのも束の間、ブーンというバリカンのモーター音が気になるようで、急に動くプーさん。

歯の部分は皮膚に当たらない設計になっているペット用バリカンなので、ボディ部分を刈る程度なら多少動かれても安全面はさほど問題ないんですが、出来栄え面では問題大あり…。

急な動きに対応できず、かなり深く掘れてしまった箇所がチラホラ(+_+)

クレーターが出来たプーさんの毛皮…

f:id:toypoo-fan:20180701102031j:plain

 

いつの日か、自宅でもトリミングできるようになりたい…と夢想しているものの、最初からそう上手くいくとは思っておらず。数日でトリミングサロンに行く予定だし、そこで綺麗にしてもらえるので、多少の失敗はヨシということでまずは練習。

と思っていたら、男の料理ならぬ、男のトリミングの豪快さで、お腹側も手探りだけで刈ってみたそうで、両脇の下辺りの毛がずいぶん消え失せてる…(@_@)

立っている分にはわからないけれど、抱っこしたり、寝転んでお腹を見せたりするとデカいハゲ…(涙)

 

写真にある背中のクレーターよりさらに深く掘れているので、長めのサマーカット程度じゃ不自然さを解除できないかも?? 1週間ほど伸ばしてから潔いサマーカットにしようかな(^_^;)

使用したバリカンは、仕上がりの毛の長さが設定できるもだったようで、初期設定の最短状態で使っていたのも今回の敗因の一つ。次回はもう少し設定を長くして試してみようと思います。

 ~生後7か月後半~