トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

早まりまくる散歩タイムに特訓開始

 

驚くほど暑い毎日…

夏になる前、ほんの一か月くらい前までは9時前後にスタートだったプーさんの朝の散歩タイムも、日々早くなりまくり。

子どもらが学校のある間は、その準備の手伝いでどうしても7時過ぎになってしまっていたけれど、夏休みになった今、その制約も撤廃。

あっという間に気温が上がっていくので、7時半には帰宅したい。となると出発は6時半…。

灼熱になる前の時間帯、朝日の中で楽しく走るプーさん

f:id:toypoo-fan:20180724183347j:plain

起床後すぐに身支度を済ませ、朝食前に散歩に出かけることになった我が家。夜更かし派で早起きが苦手な身としては、毎日早起きできる自分に驚きつつ、なんとかがんばってます。

 

オヤツを使った「おいで」練習に着手

娘を連れて、人間が2~3の布陣で散歩に行くことができるのは、学校の長期休みならでは。さらに早朝のおかげで遊んでいる子供も皆無。

そこでかねてからやりたいと思っていた、遠くからの「おいで」練習を開始。娘が遠くから「おいで」と呼び、ちゃんと行けたらオヤツがもらえるという仕組み。

私一人で散歩しているときは、呼ばなくてもたいてい近くにいるプーさんなので、数メートル離れたところからの「おいで」がなかなか練習できず。室内でも練習できる「まて」などに比べ、まったくできてない…という状態だったので、やっとチャンス到来です。

 

これまでの経験上、「おいで」でオヤツがもらえると思っていなかったプーさん。最初に数回呼びかけた「おいで」は軽く無視(^_^;)

なんとなく娘に寄っていった瞬間を捉え、「おいでできたね」と褒めまくり、オヤツをあげてもらったとたん、「おいででもオヤツ貰えるらしい(*‘∀‘)」と学んだようで、いきなり格段に精度がアップ!!

いまだかつてない真面目さで「おいで」の声に反応しまくる犬。かなり遠くからでも、草の臭いを嗅いでいるときでも、呼び声に応えてきっちり走り寄る。オヤツ強し。

 

というか、オヤツがあるとわかったとたんこんなにちゃんとできるとは、「おいで」のコマンドがなんたるかはとっくに理解していて、その上で無視してたんだな…ということが判明。。。

コンニャロー(-"-) 

~生後8か月後半~