トイプーの挑戦

2018年1月、我が家にやってきたトイプーの子犬。犬も人もイロイロ初挑戦。子犬との暮らしの記録です

スポンサーリンク

トイレトレーニング3日目、範囲縮小とハウスに着手

 

2日目の夜もグーグーと1人でおとなしく寝たプーさん。リビングのクレートで1人で寝るということに対しては、今のところかなり優秀です。 

そしてトイレについても引き続きクレートでの粗相はなし。なんですが、「ウンチ出たな…」と思い取り換えに行くと、「飼い主キター!!」喜びのあまり、ケージの中でジャンプしまくり、ウンチを踏んでしまうことがあるのが現在の悩みです。

 

タイミングを見計らっての誘導は難易度が高い…

我が家にある犬の飼い方本、さらにWebなどで紹介されている、トイレとハウスを離して設置し、トイレをしそうだな…という時を見計らいトイレに誘導するという方法ができれば、ウンチを踏むというのも阻止できそうなのですが、「トイレを見計らう」というのが、犬初心者の私には現状かなり難しい…。

うちのプーさんだけかもしれませんが、オシッコがやたらちかいときと、長く我慢できるときがあるわけで。。。

今の様子を見ていると、「暇なときはクレートで寝る→目が覚めたら出てきてトイレ→ケージ内のオモチャで少し遊ぶ→寝る」の繰り返し。目が覚めたら勝手に出てきて勝手にトイレをするので誘導できない…。

クレートとケージを離して置いて、寝ている間はクレートのドアを閉め、時間を決めてトイレに入れるという手もあるのですが、遊びたがりのプーさんをすぐにトイレに誘導できるとは思えず、間に合わずに…ということが起こりそう。せっかく今のところクレートでの失敗がないのに…と思うと踏み切れません。

 

作戦その1 トイレシートの範囲を狭める

今の私と愛犬でも無理なくできる対策を…ということで、まずはトイレシートの範囲を縮小してみることに。ちなみに現状はすぐ下の図の具合。黒の太枠がケージで水色がトイレシート。

f:id:toypoo-fan:20180122155858j:plain

トイレの中に1枚の他、ケージの床全体に4枚のシートを敷いて、ケージ内のどこでもトイレができるようにしています。プーさんがジャンプするのは、部屋側の柵の近くなので、トイレの中か、せめてトイレの近くでウンチをしてくれれば踏まれる確率は格段に減らせるはず。

というわけで、トイレシートの範囲を図のように縮小。白い部分はケージの床むき出しにしてみました。

f:id:toypoo-fan:20180122155943j:plain

トイレシートの上だけでウンチをするということが身についていれば、トイレの近くか中でしてくれるはず。がんばれプーさん!!

 

作戦その2 ハウストレーニングを開始

プーさんがウンチを踏んでしまうのは、トイレシートを変えに来た人間に喜んでジャンプしまくってしまうせいなので、「ウンチをした!」と気が付いたら、先にプーさんをクレートに誘導、クレートから出られないようにしてからトイレシートを変えるというようにできれば、クレートの出口付近でウンチをしていない限り踏まないで済む気がします。

というわけで、「ハウス」の指示でクレートに入ってくれるように練習してみようと思い立つ。

人間大好き、ジャンプしまくりのプーさんなので、おとなしくクレートに入るのは無理かな…とあまり期待しないで始めたんですが、なんとあっさりマスターしたような?

 

方法は単純で、クレートの奥(上の図のケージと連結してない方)に私が座り、フードを握った手を見せながら、「ハウス」と言う。餌に釣られてクレートに入ってくるプーさん。その隙にフードを持ってない方の手を伸ばし、ケージとクレートの間のドアを閉める。そして「ちゃんと入って偉いよー」と褒めながら、ドアの隙間からご褒美のフードをあげる。

初回は少し驚いたようで、閉められたドアにへばり付いてクンクン言いましたが、ご褒美のフードをあげたら、すぐにドアを開けてケージとの行き来を自由に戻す。再度「ハウス」と呼び中に入れる→ドアを閉めて褒める&フード→開ける、の手順を5回くらい繰り返したら、「ハウス」の声であっさり入るように。所要時間15分ほどでしょうか。

 

その後30分ほどしたらプーさんがウンチをしたので、「ハウス」作戦でクレートに誘導。ちゃんと入ったらフード1つ。ウンチを片付けている間、いい子にしてるように声をかけつつ、終わったらもう1つフードをあげてドアをオープンとしたところ、ウンチの片づけが格段に楽に! 

毎回フードをあげるわけにもいかないので餌ナシでも試したところ、それでもちゃんとできました。その時は扉を開けたあと、モジャモジャと撫でて褒めてあげます。「ハウスの間はおとなしく待っていると褒めてもらえる」ということもなんとなくわかっているようで、ウンチを片付けている間くらいはクレートの中で吠えずに待ってます。お利巧です。

 

ご褒美ゼロだと飽きてしまうかもしれないので、何回かに一度くらいはフードのご褒美も織り交ぜつつ、定着を狙います! 

今のところケージかクレートかの選択なので、おとなしくハウスしてくれるのであって、部屋に離して楽しく遊んでいる状態からのハウスはまだちょっと無理そうではあるものの、トイレの世話は格段に楽になったのでひとまず御の字です。

作戦1で部屋側の柵付近にウンチをしなくなれば、ウンチを踏む前にハウスできる確率はかなり高そうと、期待大です!! 

~生後2か月と20日~